ロゴ

HOME > WINE SHOP > Bourgogne > バンジャマン・ルルー

バンジャマン・ルルー Benjamin Leroux

オリヴィエ・バーンスタインに並び称される新進気鋭

バンジャマン・ルルーはオリヴィエ・バーンスタインと同時期に世に現れた新進の生産者だ。若くしてボーヌの名門生産者、コント・アルマンの醸造責任者を努め、赤ワインも好きだが白ワインも造りたい、という意思を持ち独立した。コント・アルマン仕込みの赤ワインにも定評があるが、オークセイ・デュレスやムルソー、シャサーニュ・モンラッシェあたりの白ワインは実に見事であり、バタール・モンラッシェやコルトン・シャルルマーニュといったグラン・クリュは感動を与えてくれる。

優れた区画、優れた品質のブドウを買い、少量を仕込むというスタイルもオリヴィエ・バーンスタインに似ている。しかし、豪華絢爛なオリヴィエ・バーンスタインに比べると、樽や造り込んだスタイルを避け、テロワールに忠実なワインにこだわりを持っている。その品質は高く評価され、年々価格も高騰しつつあり、短期間で2倍以上の値がつくようになったオリヴィエ・バーンスタインの例を考えると今、入手しておくべき生産者かも知れない。

 

バンジャマン・ルルーの楽しみ方

実に多くのキュヴェを手がけるバンジャマン・ルルーのワインは、どこから試していいのか、と悩む人も多い。

定評があるのはムルソーの1erCruだ。特にミネラリーな中にも厚みがあるポリュゾや豪華なジュヌヴェリヌールといった畑のキュヴェはいつもレベルが高く、長期熟成にも耐える。

力強さを楽しむならシャサーニュ・モンラッシェのアベイ・ド・モルジョやアンバゼも人気がある。ほかの区画も総じてレベルが高いので、並べて飲み比べをしてもらいたい。
バタール・モンラッシェやコルトン・シャルルマーニュは感動的だ。そもそも生産量が少なく、日本への入荷量も数えるほどなので値が張るのは仕方がない・・。

赤ワインではヴォルネイやニュイ・サン・ジョルジュといった玄人向けのワインは本格派の造りだ。ヴォルネイのモノポールであるクロ・ド・ラ・カーヴ・デ・デュックやニュイ・サン・ジョルジュのオー・トレ(Aux Thoreys)は人気が高い。

ニュイのワイン、例えばジュヴレ・シャンベルタンやシャンボール・ミュジニーも、市場に迎合するスタイルではなく、テロワールの表現に重きをおいており、例えばジュヴレ・シャンベルタンでは鉄の味わいを感じるし、ボンヌ・マールには土の力強さを感じる。

とにかくテロワールを感じてみる、という意味合いでとても面白く、魅力的な生産者だ。

■ご参考
評論家・山本昭彦さんのバンジャマン・ルルーに関するレポート(4年前のものです)